Xiaomi Mi 5 を日本語化してみました

Xiaomi Mi 5 をGlobal ROMにしたら、日本語化が解除されてしまいました。

2016年6月に香港で購入した Xiaomi Mi5 なのですが、そもそもは中国モデルだったものを、何かしら手を加えてGoogle Play...

メニューなどが英語表記でも問題はなかったのですが、Amazon Kindle が Amazon.comにログインしてしまい、Amazon.co.jpのコンテンツを読むことができないことが判明しました。

Kindle を起動すると、以下のスクリーンショットのように英語表示になっています。
書籍の画像は日本のものになっていますが、ログインするとAmazon.comへログインしてしまいます。
Mi5_Japanese_025.png

これは困った!
どうやらロケールが日本ではないことが問題のようなので、日本語化してみることにしました。

Windows PCの準備

JDK(Java SE Development Kit) のインストール

以下のページから、JDKをダウンロードしましょう。無料です。

JREなどもダウンロードできますが、今回必要なのは「JDK」です。
間違えないようにしましょう。

「JDK」をクリックする。
Mi5_Japanese_001.png

License に同意するのラジオボタンにチェックを入れて、必要なファイルをダウンロードしましょう。
お使いのWindows が32bit版なら Windows x86 を、64bit版なら Windows x64 となります。
Mi5_Japanese_002.png

あとは、ダウンロードしたインストーラーを実行して、インストールしましょう。

Android SDKのインストール

続いて、Android SDK を以下からダウンロードします。

Download the official Android IDE and developer tools to build apps for Android phones, tablets, wearables, TVs, and more.

ページ下部にある「コマンドライン ツールのみ入手する」からWindows用のファイルをダウンロードしましょう。
「tools_r25.2.3-windows.zip」といったファイル名になっているものです(数字の部分はバージョンによって変わります)。

Mi5_Japanese_003.png

ダウンロードしたファイルを実行して、インストールしましょう。
インストールする際にインストール先が表示されます。あとで必要になりますので、メモしておきましょう。
たぶん「C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Android\sdk\」という感じになっていると思います。

Android SDK Manager からパッケージをインストール

インストールが完了すると、SDK Manager が起動してきますので、以下のパッケージをインストールしておきましょう。
SDK Manager が起動してこない場合は、スタートメニューから起動させましょう。

  • Android SDK Platform-tools (一覧の上のほうにあります)
  • Google USB Driver (一覧の下のほうにあります)

Mi5_Japanese_004.png Mi5_Japanese_005.png

パッケージにチェックを入れて、右下の「Install XX packages」をクリックすれば、インストールできます。

パッケージのインストール時に、「ファイルが見つからない」や「ファイルにアクセスできない」などのエラーが表示されるようでしたら、SDK Manager を管理者権限で起動してみると解決するかもしれません。
Mi5_Japanese_006.png

パッケージのインストールが完了したら、SDK Manager は閉じてしまって構いません。

adbコマンドの確認

SDK Manager からパッケージをインストールしたら、adb コマンドが使えるか確認しておきましょう。

まずは、コマンドプロンプトを起動しましょう。
「cmd」で検索すると分かりやすいと思います。

コマンドプロンプトが起動したら、Android SDK インストール時にメモしたインストール先に以下のように追加して実行してみましょう。

メモしたインストール先\platform-tools\adb

こんな感じです。
Mi5_Japanese_008.png

エラーにならずに、ザーっと使い方が表示されたらOKです。

Xiaomi Mi 5 の準備

Mi 5 を Developerモードにする

次は、Mi 5 側です。まずは、Developerモードに変更しましょう。

「Settings」メニューの一番下にある「About phone」を開きます。
以下のスクリーンショットのように、「MIUI version」の部分を10回くらいタップすると、Developerモードに切り替わります。
Mi5_Japanese_009.png

Developerモードになった状態で「MIUI version」の部分をタップすると、以下のように「No need, you are already a developer.」と表示されます。
Mi5_Japanese_010.png

USB debugging を有効にする

「Settings」メニューから、「Additional settings」を開きます。
Mi5_Japanese_011.png

Developerモードになっていると「Developer options」が表示されているはずなので、それを開きます。
Mi5_Japanese_012.png

「Developer options」の中から、「USB debugging」を有効にします。
Mi5_Japanese_013.png

確認メッセージが表示されますので、「OK」をタップしましょう。
Mi5_Japanese_014.png

USB debugging(Security settings) を有効にする

続いて、「Developer options」の中から、「USB debugging(Security settings)」を有効にします。
Mi5_Japanese_015.png

3回ほど警告と確認が表示されますので、「Next step」や「Accept」をタップして進めましょう。
Mi5_Japanese_016.png Mi5_Japanese_017.png Mi5_Japanese_018.png

USB debugging(Security settings)を有効にしておかないと、adbコマンドでロケールの変更権限を付与する際に、以下のようなエラーが表示されてうまくいきません。

Operation not allowed: java.lang.SecurityException: grantRuntimePermission: Neither user 2000 nor current process has android.permission.GRANT_RUNTIME_PERMISSIONS.

2つのUSB debuggingを有効にすると、トグルスイッチは以下のような状態になっていると思います。
Mi5_Japanese_019.png

日本語化設定

Windows PC と Mi 5 をUSBケーブルで接続する

では、Windows PC と Mi 5 をUSBケーブルで接続します。
Mi 5 の画面に以下のようなメッセージが表示された場合は、「OK」をタップして接続を許可しましょう。
Mi5_Japanese_020.png

adb コマンドを実行する

Mi 5 をUSBケーブルで接続したら、Android SDK でインストールした adb コマンドを使って、mi 5 のOSに対してロケールの変更権限を付与します。

Windows PCでコマンドプロンプトを起動して、以下のようにコマンドを実行してadb シェルを起動します。

メモしたインストール先\platform-tools\adb

adbシェルが起動したら、以下のようにコマンドを実行しましょう。
(「shell@gemini:/ $」は入力不要です。すでに表示されていると思います。)

shell@gemini:/ $ pm grant jp.co.c_lis.ccl.morelocale android.permission.CHANGE_CONFIGURATION

エラーが出なければ、OKです。

MoreLocale 2アプリでロケールを設定する

MoreLocale 2 のダウンロード

Mi 5 の Playストアから、「MoreLocale 2」というアプリをダウンロードします。
「MoreLocale 2」で検索すると出てくると思います。

ロケールの設定

MoreLocale 2 をダウンロードしたら、起動しましょう。
一番下に「Japanese(Japan)」という項目があると思いますので、これをタップします。
これで、More Locale 2 の表示が日本語になると思います。
Mi5_Japanese_021.png Mi5_Japanese_022.png

OS の言語の設定も確認してみましょう。
私の場合は、以下のようにEnglish から 日本語に変わりました。
Mi5_Japanese_023.png Mi5_Japanese_024.png

まとめ

ここまでの設定を行ってから Kindle を起動すると、以下のように日本語表示になりました。
Mi5_Japanese_026.png

ログインすると、無事に Amazon.co.jp のコンテンツが表示されました。
めでたしめでたし。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク