USB Type-Cケーブルを買いました

メインで使っているスマホ Xiaomi Mi5 の充電端子は、USB Type-C なのですが、手持ちのケーブルが付属の1つしかないので、常のケーブルを持ち歩く必要がありました。
それほど手間ではないといえばそうなのですが、充電したい場所にそれぞれケーブルがあるほうが気持ちが楽なので、USB Type-Cケーブルを買い足すことにしました。

Tronsmart USB Type C ケーブル

購入したケーブルは、Amazonのレビューで評価の高かった Tronsmart という会社のケーブルです。
1つのパッケージに、30cm、1m、1.8m の3種類の長さのケーブルが入っています。

こちら。

USB_Cable_001.jpg

このケーブルの特徴は、以下のような感じです。

  • 高品質なナイロン繊維とアルミニウム合金コネクタの二重構造
  • 20um厚金メッキ加工とUSB-IF認証済みのコネクタにより熱やさびに強く消耗を防ぐ
  • Quick Charge 2.0&3.0対応

使ってみた感じとしては、ケーブル自体が相当しっかりしいます。針金みたいな感じで、曲げたらその形をキープしてくれます。
しなやかなケーブルが好みな方にとってはちょっと硬すぎると思いますが、耐久性は高そうです。

コネクタ部分については、Xiaomi Mi5 に挿すとやや固めな印象ですが、不安になるほどの固さではないです。

また、3種類の長さのケーブルが1パッケージになっているので、用途に合わせて使い分けができて便利です。

USB_Cable_002.jpg

今のところ、以下のように使っています。

30cm:モバイルバッテリーとセットで鞄に入れておく
1m:職場の充電用に
1.8m:別途脇で、充電しながら寝転がってスマホを使う用に
純正ケーブル:自宅の普段の充電用に

私が購入したもののほかに、金メッキ加工されていないリーズナブルなものもあるようです。

私は、金メッキ版を購入した後に通常版があることを知ったので、ちょっと失敗したかなーと思いました。
価格差は400円ほどですが、金メッキの価値がそこまであるのかは微妙かなぁ。。。

とはいえ、ケーブルそのものはしっかりした造りになっているので、しなやかケーブル好きでない方にはおすすめだと思います。

特徴

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク